怒り

 

時々、自身の伴侶の言葉に

驚くことがある

日々、私に食事や飲み物や諸々の支度、書いたらきりがない家事を

「前の妻はもっとやってくれた」等というタワゴトや

過去のタワゴトは数知れず

始めは腹も立ったが、最近はアホなのかしら?くらいになってきた

しかしながら、そんなことを云う奴に食事を作ってやるのもバカらしいので

自分でおやりなさいということにして

日々の私自身の時間が数時間が彼に費やされない分

事実、私の時間となった

そして、散歩がてらMYERへ行き

お財布やバッグでも買おうと出かけたが

欲しいものなど見つからず、小さなお財布を購入

そして夕飯は20分ドライブしてベトナミーズレストランへ

少々量が多すぎて、帰路に就く社内では睡魔が。。

家に入ってすぐ横になり二時間睡眠をとり、起床後は福島原発に関する

ドイツのTVを見て、ワインを少々

時間を彼に使わないことは、優雅な時間ができること

しかしこれも、長い時間は飽きてくるもの

 

少しは反省してほしいものだ

無理だろうけど

 

年を取ると怒りが面倒になった気がする

怒りを表現するしながらさらに怒ってる人を見るけど(コリアンみたいな...

あーいう人、本当に面倒

静かに話せない人々

 

Calmな時間がスキ